研究開発のビジョンと成果

メディトックスの研究開発ビジョンと成果

メディトックスは主要パイプラインとしてのボツリヌス毒素製品の研究に全力を注いでいます。 世界的に認められている当社の精製技術はで、当社の主要競争力す。 これに基づき、当社はバイオフレンドリーなフィラーの開発、毒素検査キット、 抗毒素医薬品の開発など、世界のバイオテクノロジー企業になるための様々な研究技術を開拓しています。

R&D Vision

ボツリヌス毒素業界最高峰
ボツリヌス毒素
業界における最高技術
2000年にボツリヌス毒素研究で事業を開始した後、当社は韓国初のボツリヌス毒素医薬品であるニューロノクス(Neuronox®)のKFDA認可を得て、2006年に市場発売を開始しました。当社はさらに、その安全性、有効性、および安定性を特徴とする次世代ボツリヌス毒素医薬品、メディトキシンを開発しました。 次世代ボツリヌス毒素が米国や欧州などの先進市場に参入すれば、メディトックスは韓国におけるトップボツリヌス毒素製薬企業を超え、グローバルリーダーとなるでしょう。
美容医療業界最高峰
美容整形
手術における
最高技術
ボツリヌス毒素医薬品の開発に成功した後、メディトックスは美容市場の主要製品の1つである皮膚充填剤を開発しました。当社はバイオフレンドリーなヒアルロン酸を用いたフィラーの開発に成功し、その製造工程と分析法を開発し、さらにGMPに準拠した生産設備を建設しました。 メディトックスは、ボツリヌス毒素とフィラーで世界の美容医療業界への進出に成功し、グローバルな美容業界のトップ企業となりました。
グローバルなバイオテクノロジー企業
グローバルなバイオテクノロジー企業
メディトックスは、グローバルなバイオテクノロジー企業として成長するというビジョンに向かって躍進しています。 ボツリヌス毒素からバイオ医薬品を開発することで構築されたインフラとバイオ医薬品開発能力を活用することで生み出した利益を、 当社は革新的なバイオ医薬品の開発に再投資しています。近い将来、新しいバイオ医薬品を開発することを目指して、 当社は外部のR&Dパートナーと協力しています。

メディトックスは継続的な製品開発と投資を通じて、グローバルなバイオテクノロジー企業として成長を続けています。

研究開発の成果

メディトックスは、革新的な技術と差別化された研究開発を通じて未来を変えるバイオテクノロジーを提案しています。

01
世界的に独自の強みを持つ 3種類のボツリヌス毒素を 初の自社開発。
02
独特な技術による 各種ヒアルロン酸 フィラーの開発
03
新しいボツリヌス毒素A型の 新薬開発のためにアラガン社. (米国)とライセンス契約を締結

売上高に対するR&D投資比率

売上高
(単位:百万ウォン、1000米ドル)
200,000
150,000
100,000
50,000
10,000
0
17,189
2009
21,088
2010
21,074
2011
36,262
2012
39,141
2013
75,892
2014
88,505
2015
133,256
2016
181,239
2017
R&D投資
(単位:百万ウォン、1000米ドル)
25,000
20,000
15,000
10,000
5,000
0
1,782
2009
5,213
2010
6,164
2011
6,394
2012
5,556
2013
7,605
2014
6,493
2015
18,638
2016
26,102
2017
売上高に対するR&D投資比率
2009 Ratio of R&D Investment to Sales

2009

10%
2010 Ratio of R&D Investment to Sales

2010

25%
2011 Ratio of R&D Investment to Sales

2011

28%
2012 Ratio of R&D Investment to Sales

2012

18%
2013 Ratio of R&D Investment to Sales

2013

14%
2014 Ratio of R&D Investment to Sales

2014

10%
2015 Ratio of R&D Investment to Sales

2015

7%
2016 Ratio of R&D Investment to Sales

2016

14%
2016 Ratio of R&D Investment to Sales

2017

14%